コンバインやトラクター、耕運機などの農業機械を選ぶ際は押さえておきたいポイントがあります。また、農業機械を購入する場合、新品と中古の選択肢があるため、それぞれのメリットを知っておくことが大切です。こちらでは、農業機械を選ぶ際のポイント、新品と中古それぞれのメリットをご紹介します。

農業機械選びのポイント

農業機械選びのポイント

農業機械は農作物の栽培や収穫だけでなく、一般家庭のガーデニングや緑地清掃などにも使用されています。農業機械を使用することで農作業や庭づくりの効率化が図れ、生産性の向上にも繋がる場合があります。では、農業機械を選ぶ際は、どのような点に気をつけるとよいのでしょうか?

農業機械を選ぶポイントは、農地の面積と栽培する作物に応じて、最適な機種を選ぶことです。つまり、農業機械選びを成功させるためには、目的や用途に合った機械を選ぶ必要があります。広大な農地で作物を栽培する場合は大型機械を、小さな農地で作物を栽培する場合は小回りが利く小型農業機械を選ぶようにしましょう。また、野菜を栽培する場合は野菜用、稲を栽培する場合は稲用の農業機械を選ぶことが大切です。

その他、メンテナンスやアフターフォローが充実している業者から購入するのも、おすすめの選び方です。メンテナンスをしっかり行うことで、農業機械の長持ちに繋がります。

新品と中古お得なのはどっち?

新品と中古お得なのはどっち?

農業機械には新品と中古がありますが、性能・品質の高さでは、新品の方が優れているのは言うまでもありません。しかし、新品の場合は中古に比べて値段が高いため、コストがかかります。頻繁に使用するのであれば新品を購入した方が良い場合もありますが、年に数回しか使用しない場合は、費用対効果が低くなります。

一方、中古農業機械は、新品よりも値段が安いことがメリットです。コストをかけずに自分専用の農機を所有できます。耐久性の高い農業機械であれば、十分長く使えてリセールバリューも高いため、中古の農業機械がおすすめです。

また、レンタルという方法もありますが、その場合、使いたいときにすぐ使うことができません。借りる際には面倒な手続きが必要になります。中古農業機械なら、購入費・維持費を抑えながらいつでも使用可能です。

中古農業機械は、新品よりもコストパフォーマンスに優れている点が最大の魅力です。株式会社 建機ワールドでは、ヤンマー・クボタ・イセキなど、中古農業機械を多数取り揃えています。農業機械を購入する際は、農地の広さや栽培する農作物に応じて、適切なものを選ぶようにしましょう。

中古農業機械を購入するなら全国に納品可能な株式会社 建機ワールド

会社名 株式会社 建機ワールド
本社
〒300-1204 茨城県牛久市岡見町2104-1
TEL:029-886-3099
FAX:029-886-3089
第2店舗(つくば牛久インターそば)
〒300-1260 茨城県つくば市西大井1734-78
TEL:029-893-2840
FAX:029-893-2841
設立 2011年10月
事業内容
  • 建設機械・農業機械・トラック店頭販売及び輸出
  • 建設機械・農業機械・トラック買取・修理
  • 建設機械部品輸入及び国内販売
取扱商品
  • 油圧ショベル、ブルドーザー、ホイルローダ―
  • トラック、ダンプ、トラクター
  • アタッチメント、 ゴムクローラ、シート
  • 油圧シール 等
URL https://kenkiworld.co.jp/

中古建機の事なら何なりと。まずはお電話下さい

お電話はこちら
029-886-3099
Product Name (required)
Product Page
Company Name
Your Name
Your Email (required)
Phone Number
Address
Please fill in if you have any questions or consultation